共働き収納 まとめ


練馬のマスターライフオーガナイザー® &メンタルオーガナイザー®  沼本ゆきです。

********************* 募集中講座 **********************   

2017/2/12(日) ライフオーガナイザー二級認定講座 池袋開催

2017/1/27(日) ライフオーガナイザー入門講座 練馬開催

********************************************************

これまで片づけ収納に悩む多くのお母さん方とお話ししてきました。どの方もご家族を想い、少しでも心地いい家庭を、と思うからこそ悩んでいらっしゃいました。

収納システムで生活の効率を上げ、できた余裕は家族と過ごす時間、一緒に何かをするスペースになれば。そのサポートができたらいいなという思いでこのシリーズを書きました。

少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

共働き収納、まとめます!

共働き収納とは?

 

共働きを楽にする収納

共働き生活で時短ができる収納

共働きを助ける、簡単にできる収納

 

具体的には

 

開けたら分かる収納

 

出し入れはワンアクション

 

家族で共有する収納

 

共働き収納が目指すところは

 

「誰が留守番しても必要なものをすぐに取り出せる収納」

みんなで使うモノは収納そのものを共有。

各人で使うものは収納場所の位置情報を共有。 

 

共働き収納を作る前に大事なのが計画。

 

まずは観察。

家の中で散らかっているのはどこ?

家の中でまぁまぁ片づいているのはどこ?

誰が片づけている?

誰のものが散らかっている?

どの時間帯が散らかっている?

それをメモして家族と話をします。

 

現状を把握したら家族で「損益会議」。検証ポイントはいくつかあります。

*スペースのムダ(本来置くべき場所においてあるか?)

*動線のムダ(今より短い動線で動けないか?)

*在庫の棚卸(過剰在庫を抱えていないか?)

*時間のムダ(手間をかけすぎていないか?)

*人員配置(すべき人が担当しているか?)

 

これらを改善して生まれる利益は?

*スペースの余裕

*時間の余裕

*経費の余裕

そして

*精神面の余裕

 

すべきことは毎日あります。まったく片づけなくていい日はありません。

だからこそ今より効率を上げて、家庭を自分も家族も楽しく、豊かに過ごす場所にしませんか?

 

ネリハピへのお問い合わせはこちら


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ 


共働き収納 3−


練馬のマスターライフオーガナイザー® &メンタルオーガナイザー®  沼本ゆきです。

********************* 募集中講座 **********************   

2017/2/12(日) ライフオーガナイザー二級認定講座 池袋開催

2017/1/27(日) ライフオーガナイザー入門講座 練馬開催

********************************************************

共働き収納 続いてます。

 

家族で共有する収納

 

なぜ共有するの?それは

「誰が留守番しても必要なものをすぐに取り出せる収納」が必要だからです。

 

3− でも書きましたが「おかあさんいないとどこに何があるかわかんない」は共働き家族の敵!グラサンくらいに考えてちょうどいいです。

情報共有するのは家族で使うもの。  

見やすく、分かりやすく、出し入れしやすい。

収納を替えた時は家族みんなに知らせて情報共有。

 

では各人で使うものは?

 

ヘンゼルとグレーテルが道にパンを落として自分たちの道しるべにしたように、子供たちが家庭内ヘンゼルとグレーテルになっていませんか?ランドセル、上着、手提げ、靴下……。どこで何をし、遊びに出かけたのか手に取るよう!(褒めていません)たまに大きなヘンゼル(成人男性)がいらっしゃるとのお話しを伺うこともありますが、気のせいでしょうか?

 

小さなスペースでも家庭内に各個人スペースを用意し、ヘンゼルブロック。

必ず個人のものはそこへ戻す、と決めてしまえばいいのです。

そして「ここは誰のスペース」との情報を共有。

他の人がおいてはいけませんよ?「マゼルナ!キケン!!」ですから。 

 

みんなで使うモノは収納そのものを共有。

各人で使うものは収納場所の位置情報を共有。 

 

是非試してみて下さいカナヘイうさぎ

 

ネリハピへのお問い合わせはこちら


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ 


共働き収納 3−


練馬のマスターライフオーガナイザー® &メンタルオーガナイザー®  沼本ゆきです。

********************* 募集中講座 **********************   

2017/2/12(日) ライフオーガナイザー二級認定講座 池袋開催

2017/1/27(日) ライフオーガナイザー入門講座 練馬開催

********************************************************

共働き収納 三回目の続きです。

 

家族で共有する収納

 

,埜従把握をしたので、次は改善。会社でいうところの「損益改善」。企業であれば今より業績を、売り上げを、純利益を上げたい。そのためにはどこを改善(改良)すべきか、不採算の原因は?

 

これを家庭の収納に置き換えると、今の収納をもっと効率よくしたい。そのための改善は?を家族で検証。

 

検証ポイントはいくつかあります。

*スペースのムダ(本来置くべき場所においてあるか?)

*動線のムダ(今より短い動線で動けないか?)

*在庫の棚卸(過剰在庫を抱えていないか?)

*時間のムダ(手間をかけすぎていないか?)

*人員配置(すべき人が担当しているか?)

などがあげられます。

 

働くママなら入りやすい考え方ではないでしょうか?もちろんパパにも。

 

ではこれらを改善して生まれる利益は?

*スペースの余裕

*時間の余裕

*経費の余裕

そして

*精神面の余裕

 

どうでしょう?改善しないのはもったいないと思いませんか?

 

すべてを家族のみで改善するのはハードルが高い!とお思いの方。プロに頼んで下さい。(と宣伝してみる)ライフオーガナイザーに頼んで改善するのはいわば初期投資のようなもの。

 

片づけられない性格、片づけ能力が低い。そんな風におっしゃる方がいらっしゃいますが違います。ご自分にあった片づけ方を見つけていないだけ。収納は日々の生活を快適にするシステムです。システムの作り方は学ばなければ身につかない。ただそれだけのことです。

 

4月からの新生活に向けて「共働き収納」作りませんか?

全員右利きの我が家のカトラリー。取り出しやすく右向きです。

ネリハピへのお問い合わせはこちら


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ 


共働き収納 3−


練馬のマスターライフオーガナイザーメンタルオーガナイザー  沼本ゆきです。

********************* 募集中講座 **********************   

2017/2/12(日) ライフオーガナイザー二級認定講座 池袋開催

2017/1/27(日) ライフオーガナイザー入門講座 練馬開催

********************************************************

共働き収納 三回目のポイントは

 

家族で共有する収納

 

お母さんだけ知っている、お母さんがいないと分からない収納は家族が、夫が、子供が片づけてくれません、になります。

 

どこに何があるか分からない、出し入れしにくい収納に積極的に片づける気持ちにはなれませんよね?

 

ではどうしたら家族で共有できる収納を作れるか?

 

まずは観察。

家の中で散らかっているのはどこ?

家の中でまぁまぁ片づいているのはどこ?

誰が片づけている?

誰のものが散らかっている?

どの時間帯が散らかっている?

それをメモして家族と話をします。

 

決して「片づいていない」「片づけられない」ことを責めたりせず、うまくいっている場所やことを中心にどうしたら他の場所もうまくいくか聞いてみます。

あるいは家族が探せなくて困ったことも聞きます。

 

意外に家族で片づけについて話していないのではないでしょうか?

お互いに冷静に話してみましょう。

 

このお話しは次回へ続きます。

 

ネリハピへのお問い合わせはこちら


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ 


共働き収納 2


練馬のマスターライフオーガナイザーメンタルオーガナイザー  沼本ゆきです。

********************* 募集中講座 **********************   

2017/2/12(日) ライフオーガナイザー二級認定講座 池袋開催

2017/1/27(日) ライフオーガナイザー入門講座 練馬開催

********************************************************

引き続き「共働き収納」。

前回は開けたら分かる収納

 

今回のポイントは 

出し入れはワンアクション

 

箱に入れる、細かく仕切る、並べる収納。

見た目は美しいですが、共働き収納には向いていません。

日常使わない思い出の品などでしたらいいと思いますが、使用中のモノは「ワンアクションで出し入れ」できないと

 

*結局使わない

*ぐちゃぐちゃになって毎回探すストレス

 

へとつながります。ハンガーを掛けるタイプのクローゼットが便利なのはワンアクションで出し入れできるから。年齢の小さなお子さん&高齢になると引き出しが使いこなせないのはアクションがいくつもあるから。

 

私はこれに気づき、重ねてしまえる鍋をワンアクションで出せるように並べ、買い替えの時は候補から外しました。

 

重ねてできる省スペースよりも日々のワンアクション重視。

 

毎日使う収納、ワンアクションで出し入れ出来ていますか?

 

ネリハピへのお問い合わせはこちら


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ 



最近の投稿

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

月別

ネリハピメンバー

Facebookページ

小学生のための楽しいかたづけ

片づけ収納ドットコム

ブログランキング

サイト内検索

リンク

最近のコメント

others

recommend